真宗の供養
 

真宗の供養

私たちに最も身近な宗教の形といえば「供養」ではないでしょうか。現在の宗教のイメージといえば、先祖の霊を「供養」することに集約されてしまうのではないかと思います。しかし真宗の開祖である親鸞聖人が残されたお言葉には、現在の一般的な「供養」のイメージとはかけ離れたものがあります。

「親鸞は父母の考養のためとて念仏、一返にても申したることいまだ候わず」
『歎異抄』第5章

なんと両親(先祖)の追善供養のためにお念仏をしたことはない、と言い切ったのです。
追善供養とは「亡き人へ供養のために善いことを追ってする」ことで、盛大なお葬儀をあげることや、大きいお墓を建ててあげることなど、こちらから「~してあげる」ことです。

親鸞聖人

親鸞聖人は、亡くなった方は皆仏様になられる。
そんな仏様に私が煩悩にまみれたこの身で「してあげる」ことなどできない。私たちにできることは諸仏(先祖)をご縁にお念仏で自らが救われていくことだ。と教えてくださっています。根本的に仏教の教えからすれば、葬儀・法事も必要ないことになるのかもしれません。

しかし、現在では葬儀・法事が貴重な法縁(教えに出遇う)の場であることも確かです。こうしたご縁に、死を通して生を問い直すことが私たちにできることでしょう。

ある葬儀の際に遺族の方が、「葬儀は亡き人のためにする儀式だと思っていましたが、残された者のためにやるんですね」とお話しされたことがありました。決して私が祟られないように、私に災いがおきないようにと自分の欲求のために供養するのでなく、法話などのご縁で仏法を聞いていくこと。そして残された私たちが、虚しく過ぎていく一日一日を懸命に生きていくことが真宗の「供養」になるのではないでしょうか。